小さな図書館のものがたり

旧津幡町立図書館の2005年以前の記録です

「センス・オブ・ワンダーの図書館」と呼ばれていた旧津幡町立図書館。2001-2005年4月30日までの4年間、そこから発信していた日々の記録「ひと言・人・こと」を別サイトで再現。そこでは言い足りなかった記憶の記録が「小さな図書館のものがたり」です。経緯は初回記事にあります。

チョウ目の主体は?

ヤマアジサイのクレナイのお隣で、
青紫のガクアジサイが色づき始める。
今年はせっせと水やりをしたせいか、
例年にもまして色鮮やかだ。

友人から分けてもらったコスモス苗は
3ヵ所に植えてみた。玄関前のはまだ蕾も見えず、
どんな色が咲くのかしらん、白?ピンク?

庭に植えたのは既に二輪も咲いた。
目が覚めるような赤色のコスモス。

日日草の苗だと聞いてもらった苗は、
じつは向日葵、背丈がずいぶん伸びてきた。

桔梗の蕾たちも膨らんできた。

ラベンダーやローズマリードクダミ
和洋ハーブも繁った庭…に、

モンシロチョウ、アゲハチョウ、
あのウメエダシャクもひらひら舞っている。

蛾は暗くなってから飛ぶイメージだけど、
ウメエダシャクのように蝶のように
明るい時に飛び回るのもいる。

* * *

図書館で見つけたのは

『イモムシ・ケムシぞろぞろ大図鑑』
(中島秀雄 岸一弘/2012.5.21/PHP

解説が丁寧で分かりやすく、写真も鮮明、
眺めているだけでも充分たのしい図鑑だ。
(*ウメエダシャクの食草にピラカンサスはなし)


肉食性のチョウやガの幼虫がいる。
土の中でサナギになる幼虫もいる。
《昼間飛ぶガの仲間は美しい》の解説になるほどと思う。

ガの章を担当された中島さんは、小学生の頃よりチョウの
「はね」の模様の美しさに魅せられ、中学、高校生まで
チョウの採集に夢中になるが、大学に入ってからは生活様式
多様なガに興味をもち、その研究に打ち込まれたとある。
チョウやガの幼虫時代の研究は「そのくらしを知るだけでなく、
植物とのつながりなど、生態系での役割を知るために大切なこと
~~イモムシ、ケムシを好きになり、さらに親しくなって」
という中島さんの想いが伝わってくる。

チョウ目(鱗翅目)にはチョウとガの仲間が属しているが、
その9割をガの仲間が占めているという。
キアゲハを育てたことがあるし、
オオゴマダラチョウの羽化を見守ったことがあるが、
まだまだ知らなかったチョウ目、センス・オブ・ワンダーの世界だった。


* * *

「萬の蟲の恐しげなるを取りあつめて、
これが成らむさまを見む。」
は、『堤中納言物語』の中の《虫愛ずる姫君》

「世間の人たちって、蝶よ花よと外見の美しさばかり愛でるけれど、そんなのってうすっぺらでへんだわ。誠意をもって、ものごとのほんらいの姿をついきゅうすることこそ、人間にとってたいせつな尊い心がけだと思うの」とのことで、気味悪そうな虫をいろいろ集め、「この姿がどんなふうに変化するか見ることにするわ」と、さまざまな虫かごに虫を飼っていらっしゃるのでした。とりわけ鳥毛虫(かわむし)がお気に入りで「毛虫ってなんだか思慮深そうでおくゆかしいわ」(少年少女古典文学館 第七巻/1992.11.28/講談社

あまたのイモムシ、毛虫が変身して、
蝶となり蛾となってひらひら飛び回る様子を想像すると
さすがに美しさを超えた感がある。
お付きの女房たちは怖がったり、困ったり…のはずだ。

よしのり先生の最後の授業

この間の日曜日のことです。
早朝の町のクリーンキャンペーンに参加して草刈り、
それから食事、洗濯、掃除、、、
一通りのことを済ませ、ちょっと一服しなくちゃと
テレビのスイッチを入れると…


~~~~~~

「雨にも負けず」  宮澤賢治

雨にも負けず
風にも負けず

そういうものに わたしはなりたい

~~~~~~

教室の黒板に貼られていた大きな紙に
ひらがな表記の「雨ニモマケズ」!

急いで録画~~!
偶然見たEテレ「ハートネット」は、
全盲の中学教師、新井淑則さんの最後の授業。
「デクノボー魂」の最後の5分間でした。

* * *

黒板を背にして、クラスのみんなに
よしのり先生が問いかけます。

「私ひとりで何ができるの?でしょう?」

「そう、多くの人に出会っから、
その人たちに助けられたから、今があるんだと思います」

「37年間教職を続けてきて
お前たちが一番なことが二つあります。
どっちを聞きたいですか、
悪い方の一番ですか?良い方の一番ですか?」

悪い方は簡単、、、
37年間教えてきて一番成績が悪いと笑わせる。
では、良い方の一番は?

「37年間教えてきた中で、一番お前たちは
温かい。優しい。心が」

手が不自由だからと、
学校でいじめを受けるんじゃないかと
心配して相談に来たお母さんに、
障がいゆえに差別やいじめを受けたら、
私のいる存在価値が全くないことになる。
教職をかけても守ると二人に約束したという。

「でも、その心配は無駄だった。
差別どころか自然体で受け入れちゃうお前たち」

「なんてハートのいいやつなんだろう。
お前たちと一緒に卒業したいなと思ったのは
一年生のあの時からです」


先生からの太鼓判!
なんて素敵な、Bigな、花まるスタンプでしょう。

そして、
生徒たちからも贈り物。
それは、小さな再生レコーダー。
令和三年度卒業生71人、一人ひとりの
熱いメッセージが入っていました。

全盲の自分にできることを…と工夫しながら
生徒たちとどんなに誠実に向き合ってきたか、
心を通わせてきたか、並列の関係を築いたか、
彼らの言葉を聴きながら、私は目頭が熱くなって、
すぐさま図書館へ直行したのです。

* * *

待っていたのは一冊の児童書。
『光を失って心が見えた 全盲先生のメッセージ』
(新井淑則/2015.11/金の星社

28歳のとき、右目に網膜剥離を発症。
34歳で左目も失明
37歳で養護学校に復職
46歳で公立中学校教師に復帰
・・・・・
結婚式、家族や友人、授業風景、盲導犬と歩む写真や
自作の詩、、、苦悩の日々を乗り越えてきた
よしのり先生に会えました。

賢治さんの『オツベルと象』を朗読したよしのり先生。
日本国憲法の三大原則、
基本的人権の尊重・国民主権・平和主義」の中で
最も大切なものは?!と解き明かすよしのり先生。

音声パソコンを使って自ら執筆された
感動のノンフィクションでした。


* * *

今日の中日新聞特報記事は盲導犬について。
年々、盲導犬が減少しているそうです。
いくつかの要因があるらしいのですが、
心配なのは、盲導犬の理解が進まなくなること。

よしのり先生の傍らには
いつも必ず、パートナーの盲導犬の姿がありました。

梅枝尺はピラカンサスが好き

息子から立派な紫陽花の写真が届いた。
我が家のはまだまだ蕾。

その隣のヤマアジサイの「クレナイ」は
5、6年前、友人からもらった一枝。
今にも枯れそうな細い枝だけれど
可憐な花をいくつも咲かせている。
白から紅色に変化する装飾花の
艶やかさははっとするほど美しい。

梅の実はまだ青いけれど順調に大きくなっているし、
草の中から背丈が伸びたミョウガが繁っている。
ミツバもフキもヨモギも、もう一回は収穫できそう。
ドクダミはすくすく育っているけれど、
たっぷり摘んで干したから、これぐらいでもういいかな。
ああ、きれいな柿の葉!
採って押しずしを作ってみよう。

* * *

声にならないひとり言を唱えながら
家の周りを一回りしていたときでした。
思わず、息を呑んだ、、、。
今か今かと待ち続けていたものが姿を現したのです。

山茶花の垣根をひらひら、ひらひら、、、
3㎝ほどの蛾(?)が数匹飛んでいます。
白と黒のまだら模様、、、
予測した通り、あの幼虫が羽化したに
違いありません。


垣根の隅っこに生えている二本のピラカンサス
白黒の縞模様の虫たちを見つけたのは
二週間ほど前のこと。
枝に触れると、するする糸を出してぶら下がる、
見るからに気味の悪い虫でした。
駆除と観察を兼ねてかなり捕獲しましたが、
逃れた幼虫が無事サナギになって
羽化したのでしょう。

その名は「ウメエダシャク」、
ピラカンサス」を食草にしている蛾だと
羽化した姿からやっと判明しました。

透明のプラスチック製のテニスボールの
空き缶(飼育観察には恰好の容器です)の中で、
蛾は蛾らしく、羽を開閉しながらじっとしています。
記念写真も撮りました。


ピラカンサス」の名前さえ思い出していれば
幼虫の正体を即座に知ることができたでしょうに、
うろ覚えのアカンサスでは分からないはずです。


謎の虫が蛾だと知って逃げ腰の夫の手で
いつの間にか「ウメエダシャク」は
ユーティリティに移してありました。
夫の麦わら帽子を捕虫編にしたなんて、、、
当分言わない方がよさそうですね。

* * *

飼育観察といえば、
子どもたちが小学生の頃、夏の科学研究で
アゲハチョウを育てたことがありました。
幼虫からサナギになる前に余分の水分を排出したり
体を固定するためにしっかり糸掛けをすることを知り、
何回糸掛けをするのか徹夜して数えたこと、神秘的な羽化、
なにもかもが懐かしい…。
あれは、お母さんの方が夢中だった~と
子どもたちは口を揃えます。

平和でした。

毎日…あたらしい私

5ヵ月ほど前だったか、
《令和の寺子屋》プロジェクトというTV番組を見た。
会場は豊臣秀吉所縁の醍醐寺
生物学者福岡伸一ハカセが、
20人ちょっとの小学生に授業を展開した。

生命ってなんだろう?
全ての生物はなぜ必ず死を避けられないのか?
死の意味とはなんだろう?

シルクハットに蝶ネクタイ、
憧れのドリトル先生に扮したハカセは、
生命の不思議に迫った。

* * *

食べた物の分子は自分の体に取り込まれ、
同じ量の分子が分解されて排出されている。
昨日のわたしと今日のわたしは違う。
一年経つとほとんど入れ替わっている。

「やあ、お久しぶりですね。
お変わりありませんねぇ。」
いいえ、お変わりありまくっている、
別人です!


ウンチの主成分は食べかすが出てるんじゃない。
自分の消化管がボロボロ剥がれだして捨てられている。
トイレに行ったら、自分の体に、
ありがとう~さようなら~って言おう。


エントロピー増大の法則》や《動的平衡》論…
高度な難しい内容なのに、ユーモアいっぱい、
とても分かりやすい授業!

400年前の秀吉の排泄物が、めぐり巡って、
自分たちの体の一部になっているという実証に、
子どもたちは目を輝かせていました。

* * *

実は、6月4日、
なんと!そのハカセのお話を聴くことができたのです。
「石川県西田幾多郎記念哲学館」開館20周年記念の
《西田哲学と生命科学》と題した講演会。
偶然、新聞でハカセの名前を見つけて
早速、友人たちにも連絡。定員300名、参加費無料です。

ビッグ案内~”生”のハカセに出会えるなんて~と
友人も大喜び。至福の一時間半でした。

* * *

ハカセによれば、わたしたちの細胞は頑張っているらしい。
先回りして、自らを必死に壊して、
エントロピー増大の法則》に抗っている。
が、最後には死を受け入れるしかない運命にある。

「生命に有限性がある。有限であるが故に
意味があり、価値がある」

わたしの健気な細胞たちに感謝しつつ、
残された寿命をだいじに生きたいとあらためて思う。

・・・・・

生物と無生物のあいだ』『福岡伸一、西田哲学を読む』

『やわらかな生命』『生命の逆襲』『芸術と科学のあいだ』

フェルメール隠された次元』など、図書館所蔵。

 

タンポポの綿毛

どんなに遅い時間になっても、休みの日にも、
《ひと言・人・こと》を書き続けた20年前、
図書館からの発信の原動力はなんだったろうと思う。
朝から晩まで自由な時間がたっぷりあるのにね、今は。

ひどい戦争。
温暖化に拍車をかけるどころか、ヒートアップ!
地球は人間の愚行で痛々しく傷つけられ、
容赦なく破壊されていく。

どうすることもできなくて
終りの見えない悲劇をただ見ているばかり、
それがつらくてたまらない。
きもちが沈んで、ぼんやりしてしまう。
体を動かそう、じっとしていないで、、、

あれもこれもと洗濯したり
片づけものをしたり
古い衣類を繕ったり
雑巾を縫ったり
図書館で借りてきた『図書館かるた』を
一枚一枚並べてみたり…

* * *

そんな中、夏野菜に水やりをしていて
ふと目に入ったタンポポ
畑の隅っこの誇らしげな一本を
気まぐれに細長いガラス瓶に挿してみた。

何時頃に閉じるのかな、
次の朝にはまた開くのかな、
何回ぐらいくり返す?

気まぐれに観察を開始すると、
翌日、開閉を繰り返しただけで
タンポポは蕾のように閉じてしまった

ある日、茶色の花びらがポトリと外れて、
白い綿毛が徐々に盛り上がって伸びていく。

途切れることのない神秘の営み…

直径4㎝ほど、まん丸の、真っ白い綿毛を
透明の丸いプラカップにそぉっと入れ
もう一つのプラカップでふたをして窓辺に置く。
100個以上のタンポポの命が眠る小宇宙は
センス・オブ・ワンダーの世界です。

 

* * *

タンポポ』といえば、まどさんの愉快な詩が浮かぶ。
 
 だれでも タンポポをすきです
 どうぶつたちも 大すきです
 でも どうぶつたちは
 タンポポの ことを
 タンポポとは いいません

・・・・・

イヌは、ワンフォフォ、、、、でしたねぇ

甘いものが好き…

ちょっとブログをお休みしていたら、
友人からご機嫌いかがと問い合わせ。
はい、変わらず元気です。

長靴を履いて、玄関先の植木鉢に水やりしたり、
家の周りの小さな畑と庭を一巡したり、
土いじりを愉しんでました。
ついつい戸外の時間が長くなりました。

ミツバ、フキ、ヨモギ、セリ、、、

何年も前に植えた残りものの一株が、
小さな裏庭が気に入ったのか
あっちこっちに広がって摘み放題です。

スミレ、スズラン、ジュウニヒトエミヤコワスレドクダミ
多年草の小さな花たちもかわるがわる次々咲いて、
5年前には30㎝ほどだった西洋シャクナゲ
40ほども花をつけて、庭は思いっきり華やぎました。

友人からもらったヒマワリ、ヤグルマギク
順調に育っています。
梅の実も少し大きくなりました。

***

こんなに穏やかだったのに、問題が起きたのです。
一週間ほど前のことでした。

キッチンの棚に一匹のアリ発見!
翌日は2匹、次の日は5、6匹、、、その次は、、、
列をなさず、どこからともなくポツンと現れます。
偵察隊、先発隊でしょうか。
目を凝らし、常に注意していなければなりません。

我が家の周りには、大中小のアリたちが住んでいて
今、侵入しようと窺っているのは「中アリ」です。
ネット情報を頼りに必死に対策を講じたので、
なんとか侵入を阻止しましたが、
アリ集団恐るべし、まだまだ油断は禁物です。

お菓子をぽろぽろこぼさないでね。
手もよく洗ってね。
ヘビ(夫の大の苦手)よりもっと怖いよ、アリは。

甘いもの大好きの夫の自覚が不可欠です。

***

こうしてアリ騒動がなんとか収まった頃
2年半ぶりに娘が来て二泊。日頃、
スカイプで互いに近況報告してはいるものの
野菜たっぷりの鍋を囲んで、
ゆっくりおしゃべりするのは格別です。

さあ、私もそろそろブログ始動しなくちゃ。
あれれ、、、どうしたことか、
一発でログインができません。
ユーザー名、パスワードが必要でした。

34年目の『いのみら通信』最新号

軍事的に中立路線を維持してきた北欧二ヵ国が、
NATOへの加盟申請を表明した。
束の間の70年で、世界は大きく変わりつつある。
 
* * *

5月13日発行の『いのみら通信 NO.115』にはウクライナの戦争を通して考えること、信念を貫いたバーバラ・リー議員のこと、憲法のこと、沖縄の小さな島々にミサイル配備計画が進んでいること、そして家族のものがたりなど、びっしり書かれている。


「この悲惨な状況に頭が混乱している時ほど、立ち止まって考えるためのよりどころがきっと必要。焦る気もちに押される前にちょっと待って、これは世界の平和に近づく方向だろうか?それとも遠ざかる方向だろうか?と、私は掌に握りしめた羅針盤にじっと目を凝らします。」

「国が間違ったことを言ったり、していると思った時は、個を消して黙るあなたでなく、自分の考えを持つ個人として行動する、そういうあなたでありなさい、と「わたし」に求めている13条でもあるんじゃないだろうか。」

「目の前で銃を突きつけられている人に、戦うな、とは言えない。でも突きつけられていない第三者だからこそ言えることがある、取れる姿勢があるのだと思います。「ヒロシマのある国で」の歌詞の中に「しなければならないことは、灯る戦の火種を消すことだろう」とあるけれど、それが、ヒロシマナガサキのある国で生まれた私のすることのように思う。だって火種はそこら中にあるから。」

* * *

スウさんの言葉一つひとつにうなづきながら
なんとかして戦争が起きないようにと
ひとり一人の平和への努力が必要なのだとつくづく思う。

いかなる理由であれ、戦争はやってはいけない。
そもそも戦争そのものが犯罪だ。
国が公然と大量破壊と殺人を命令する戦。

ヒロシマナガサキのある国で生まれたのだから、、、
しなければならないことは、、、
あらためて、その歌詞の深さに共鳴する。

* * *

わたしの国とかの国の
人の生命は同じ
この青い大地のうえに
同じ生を得たのに

 ヒロシマの有る国で
 しなければならないことは
 灯るいくさの火種を
 消すことだろう

 …

かもくな少年たちが
重い銃に身を焼く

やせた母の胸に
乳のみ子がなきさけぶ

はだしではだかのまま
逃げまどう子どもたち

故国の土をふむことも
家族と暮らすことも
許されない戦争が
なぜに今も起こる

 ヒロシマの有る国で
 しなければならないことは…


* * *

4月25日のブログ《能登からの通信》で紹介した
藤平朝雄さんの「早朝朦朧記」(3/18記)。

「…プーチン習近平金正恩。独裁者が統治する三国の共通項に、国民が真実を知らされない報道システムがある。あるいは知っていても、すでに声を出せない国風になっているのだろう。国家による報道の制御コントロールで、独裁者たちは国民をだまし続けているのだ。…(後略)」

その(後略)した文の中にこそ、
藤平さんならではの俯瞰的視点があるのだと感じる。
追記してご紹介したい。


「毎日とはいえ、私自身は僅かな情報しか接していないし、そもそも何ごとも情報オンチなのだ。そんな未明人間なので、ウクライナ問題については実態がほとんど分からない。テレビ番組で解説している大学の専門家やジャーナリストたちの話さえ、正直なところ私にはちんぷんかんぷんだ。たとえばウクライナ国の報道体制はどうなっているのか。これほど悲惨な災禍を被っているのに、自国の大統領を批判する国民の声を耳にすることが無い。これはどういうことか。ウクライナも報道統制がひかれているのか?全ては「プーチンの狂人・凶悪によるもの」としているなら、これもまた奇怪しくないか。ある日突然、天国が地獄に、天と地がひっくりかえった被災者はウクライナ国民なのだ。
 今日の事態(さらに増大するのは必然)を招いたのは、狂人・プーチンの仕業だとしても、世界一の大国を標榜するアメリカの醜い及び腰にも、そして日本国の鈍重な対応にも、なぜか引っかかるものを感じてならない。そう迷想する私の頭が奇怪しいのだろうが…。故に、朦朧記である。…」

旧津幡町立図書館の記録「ひと言・人・こと」はこちらです。